のりなし壁紙に自分でのりをはれたら、だーいぶコストカットできる♪
しかも貼る分だけ糊付けできるから、気に入った壁紙だけ買っておけば自分のペースで計画できる!!!

でも、クロス屋さんが使っているような、こんなの↓ないし。

ローラーでぬるか刷毛でぬるか。

あるものでやってみよー!
ということで家にあった刷毛。
むかーしにペンキ塗ろうと思って買った刷毛が1つ余ってた(*´▽`*)

準備OK!

のりつけ道具

用意したもの。
・壁紙用のり
・刷毛
・壁紙施工道具一式(なでバケ、木ベラ、カッター、地ベラ、圧着ローラー、はさみ、養生シート、替え刃、スポンジ、バケツに水)

養生シートを広げ、のりなしの壁紙を広げ(丸まっで型がついてるのでその辺のもんでおさえる。)糊を直接ぶちゅーーっとだす。
これをはけでのばす!!

これがなんかうまくいかない(´・ω・`)
糊かたい??強力タイプやから??

ということで急遽、刷毛をバケツの水にちょんとつけて
・・・壁紙の上で水で薄めてのばす!←どんだけ適当(;・∀・)

壁紙ってけっこう丈夫!案外これがいい感じになじむ♡

糊付きの壁紙ってけっこうたっぷりノリがついてて貼りやすかったから、自分でもたっぷりつけてみる。
よし、貼るぞー!

いい感じいい感じ(^^♪

のばす!・・・のばす!・・・のばす!・・・・・・・・?

のり多すぎた。やば。

のりたっぷりすぎで、なでバケで対応できひんくらいでこぼこしてる”(-“”-)”

こんなはずでは!Σ(゚д゚lll)

トリアエズ、なるたけだしてふき取る。。
スポンジではおっつかへんからもう近くにあったパテ用のヘラで拭う。
むしろ再利用できるくらいきれいにのりがでてくるので、
次の壁紙を広げて、そこにヘラで糊付けしていく。
一石二丁・・なのか?!

だいたいノリがぬけてきたなーと思って、、圧着ローラーかけたらまだまだでてくる!
えーー
めんどくさいーーーー(-_-;)

はじめの1枚やし、しゃーないか、これも経験。。

2枚目はノリ少なめに、もうちょい刷毛に含ます水の量を増やして薄めに糊付け。

OK!!!リベンジ!!!

うん、まぁさっきよりいい感じ!
乾いたらもこもこちょっとはひいてましになるかなー?

と思ったけど、糊がひいてもやっぱりもこもこはのこったよ”(-“”-)”
クローゼットの中で練習できて良かった!
見えるとこやったらやりなおしのところやな!
今回はこのままで、、いこう、、

糊なし思ったよりハードル高いな、練習したらいけるんやろけど、
そこ極める?わたし?

考え中!